自宅で供養したい!飼い主が選ぶ自宅療養・個別仮想の魅力 自宅で供養したい!飼い主が選ぶ自宅療養・個別仮想の魅力

ペット火葬で人気のある個別火葬なら自宅供養ができる

ペットの自宅供養を行ないたいなら個別でのペット火葬を選ぶ

大切なペットを自宅で供養してあげたいという場合、火葬方法は個別でのペット火葬を選んだ方が良いでしょう。

ペット火葬の方法

合同火葬
合同火葬とは、立ち会いなし・返骨なしで行なわれる火葬方法です。ご遺体を業者が預かり、他の家庭で飼われていたペットと一緒に火葬されます。そのため返骨できない状態になるのです。その後は、業者と提携している霊園へ埋葬されます。埋葬された霊園の場所については、どこなのか尋ねることができるので、合同火葬後に供養に訪れることも可能です。
個別火葬
個別火葬とは、文字通り個別に火葬するという方法です。1匹で火葬するため立ち会いはもちろん、返骨も行なわれます。家族でお見送りしたい、ペットが好きだったものを一緒に火葬して送ってあげたいなどの願いも叶えられます。長く時間を共に過ごしてきたペットを最後もしっかり見送りたいという時は、個別火葬を選ぶと良いでしょう。

自宅供養とは

遺骨

ペット火葬後の供養方法はいくつかありますが、その中でも自宅で供養することを「自宅供養」と言います。自宅供養では、個別火葬で返骨された遺骨を自宅まで持ち帰り、自宅で供養するという方法です。亡くなってしまったけど一緒にいてあげたい、魅力的なペット霊園が見つからなかった、将来一緒にお墓に入りたいなど、様々な理由で自宅供養を行なう方が多いです。

自宅で供養したいなら個別火葬がおすすめ

合同火葬を行なうと返骨がされないため、自宅供養を行なう場合は個別火葬を選ばなければいけません。ただし、個別火葬でもプランによって返骨されない場合があるので気をつけましょう。

自宅供養のメリット

自宅供養のメリットは、やはり一番身近に感じられることかと思います。ペット霊園が近くになく、遠方になってしまうことで、忌日にきちんと法要が行なえない場合も出てきてしまいます。しかし、自宅供養であれば、自宅に僧侶を読んで読経をしてもらうことで供養を行なってもらえるのです。大切なペットと離れがたいという人は自宅供養を選ぶと良いでしょう。

自宅供養を行なった人の声

いつでも近くにいるので悲しみが和らぎます(25歳/女性)

愛猫を亡くし毎日悲しい気持ちで過ごしていました。そして供養の話になった時、どうしても近くにいてもらいたいということで自宅供養を選択しました。遺骨が自宅にあればまだこの子はここにいてくれてる、私をきっと見てくれていると思うことができるので、悲しみが和らぎました。毎日欠かさずお供えをして、いつもありがとうと思いながら手を合わせています。

遺骨を分けて一部を普段から身につけています(23歳/女性)

毎日一緒にいたのに、突然の別れ…。悲しすぎて毎日途方に暮れていました。最初はペット霊園のお墓に入れてあげようとも考えましたが、ずっと側にいたいという気持ちの方が大きくなり自宅供養を選ぶことに決めたのです。遺骨は、リビングにスペースを作って大好きだったものと一緒に置き、また、遺骨の一部を残しておいたので遺骨を入れられるペンダントを買って普段から身につけるようにしています。

TOPボタン